2010年 02月 28日

故障はつづく

    



























                                                                                                                                                                                                                                                                                             先日、タイヤを新調して調子良く乗り出したと思ったのですが、すぐに故障です。ベスパもルーテシアも。
ベスパはアイドリングが落ち着かない、←これは以前からぼちぼち悪かった。乗り出すと少ししてからストール。いつもであれば、ストールしてからキック数回で復活するのですが、今回はそうはいかず。

数回キックするとキックがスカスカフライホイールが回転していない感じ。
なんかやな予感。押して家に帰ってキックするとまたエンジンは元どうりに。しかし、暫くすると。。。ストール。
インターネットで検索し気になって某掲示板に質問してみた。
エンジンが温まるとケース?が膨張し圧縮もれピストンリングが弱っているかも という事でした。

ひとまずエンジンを降ろす事に。全てを外すと大変なので、キャブを外して、マフラーを外して、エンジンマウントのボルトを緩めて最後にリアサスのボルトを外すと写真の様な感じに。この方法もネットで検索。諸先輩がたありがとうございました。

色々と眺めていると、HTコイルに繋がっている配線とキャブのベローゴムが・・・切れています。
不調はこの辺にも原因があるのでは。
ひとまず損傷しているパーツを直してみましょうか。




     
■  [PR]

by london-show | 2010-02-28 21:59 | Vespa 50s | Comments(0)


<< 故障は続く2      タイヤ交換(初ミシュラン) >>