vespaについて

londonshow.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 08日

ベスパのガソリンタンク洗浄

a0141815_12593243.jpg
ひさしぶりにベスパネタです。160GSを試走していたところエンストしエンジン掛かるがすぐ止まるという状態に。
ガソリンはリザーブくらいあるのですが、なぜかすぐ止まる。少し走って止まり、押してを5キロくらい繰り返し帰宅しました。帰って色々見ているとガソリンの出てくる量が少ない様子。以前から気になっていたガソリンタンクのなかのゴミが詰まってるのかなぁとガソリンタンクの洗浄を試みました。




a0141815_130845.jpg
まずはガソリンタンクを外して中のガソリンをひとまず現在お不動の50Sに。



a0141815_1301497.jpg
専用工具を使ってガソリンコックを取り外し。(これを外すのに専用工具の調整で3日ほどかかりました)
専用工具は50Sとはコックの位置が違うタイプのものです。よって宇賀神さんのレンタル工具では無理。
SIPで購入してもらったのですが、やはり海外製品で角度やら、レンチの口幅が微妙に合いませんでした。
コック本体は50Sと同じ物が使用できます(オリジナルは違うと思います)が、コックレバーは少し長さが違います。



a0141815_1302258.jpg
ガソリンコックを見てみると錆やら何かがかなり溜まってます。これでは詰まるのが納得できます。



a0141815_1303025.jpg
ガソリンタンクだけになったので少し中を水洗い。そしてふたをしました。




a0141815_130373.jpg
蓋はこんな部品で適当に作りました。パッキンは端革で代用。多少のにじみは有りましたがモレは無かったです。




a0141815_1304974.jpg
タンク内に入れるサビ取り剤は、タンク専用のがいいとおもうのですが、結構な価格がしていたので、以前(10年前)に買っていた花さかGのサビ取り剤をお湯で薄めて入れました。




a0141815_1305618.jpg
これが2日程置いておいて洗った状態です。完全ではないですが、かなり綺麗になりました。




a0141815_131312.jpg

そしてまた外した順番に組み立てて完成です。ついでにフィルターを間に入れてみました。


感想は交換方法は50Sとほぼ同じですが、ガソリンとオイルの混ぜる量が違うので、ガソリンの移すところに困りました。苦肉の策で使っていない50Sのタンクです。ガソリンの移し変えやすさもありますので今度は携行缶を買おうと思います。(それも2個も買わなくては)


[PR]

by london-show | 2013-09-08 13:38 | Vespa 160gs


<< FIAT PANDAの整備記録      TSM2013 7月 へ行って... >>