vespaについて

londonshow.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 20日

続、やっぱりダメ。~~現在。

つづきです。
エンジンはすんなりとフレームに収まりましたが、ここからが山でした。⑪参照
⑫エンジンは掛からず。
 コイル干渉していた為、火花を確認したけど問題なし。
 圧縮はと確認、圧縮計で7.5キロ。
まだどこか悪いのかと頭を過ぎります。
キックを何回か。チョークを引いたり、引かなかったり。
カブります。
そこでチャオのプラグと交換。B7ES。
で、やっとかかりました。
あ~ひと安心といきたいところですが、アイドリングが安定していない為、
まだなんとも言えない状態です。
ここで辺りが暗くなったのでタイムアップ。
次回は乗れるまで調整したいです。

文中に多々登場していただいている5ばんさん、ためになるアドバイスやいろいろな道具をお借りしたり
エンジンをバラせる機会を頂いたり、本当に本当にありがとうございました。
感謝、感謝です。この場をおかりしてお礼申し上げます。

復活を目指して。
では、では次回で。

写真は気分をかえて60’フォーミュラ。


a0141815_23314111.jpg
[PR]

by london-show | 2010-05-20 23:41 | Vespa 50s
2010年 05月 20日

やっぱりダメ。~~現在。

a0141815_22483733.jpg



















復活といきたかったのですが、やっぱりダメ。
で、ショックでブログを放置状態。(実際は、なまけていただけ。すみません。)
だいぶ長いことほっていたので、自分でも訳が分からなくなっているので
ここで整理します。

①乗り出すと少ししてからストール。数回キックするとキックがスカスカ現象。
 ↓
②ピストン、シリンダーヘッドにキズがあったので
 ピストンリング(新品)・シリンダーヘッド(中古)に交換。
 ↓
③復活かに見えたがやっぱり症状は治らず。(前回ブログはここまで。)(3/21)
 ↓
④スティール・スクーター・ランの5ばんさんに相談しました。
 ↓
⑤一度、圧縮力を測ることに。圧力計をお借りしました。(4/3)
測定結果
 エンジン始動前 7.5キロ
 エンジン暖状態 6.5キロ
    ↓
 オイル注入 一回目 7.5キロ
    ↓
 暫く乗ったり、アイドリングをさせてみたりした
    ↓
 オイル注入 二回目 9.0キロ

 キックを続けると圧力は下がってきます。
 ストール → 暫くエンジンかからない。
 オイル注入後は、ストール → エンジンすぐかかる。
※オイル注入後、圧力が戻るとなると腰上が怪しい!
⑥⑤の結果となったので5ばんさんに腰上一式をお借りし交換。(4/10)
 ↓
⑦でもやっぱりダメダメ。アイドリングも安定しないので、フライ側のオイルシールを
 交換。オイルシールから油漏れが確認できました。(オイルシールと交換道具をお借りしました。)
 ↓
⑧それでもやっぱりダメダメダメ。どーしよう。
 ↓
⑨5ばんさん手持ちのエンジンを割られるとの事なので、便乗させてもらい
 うちのべスパのエンジンも割り、逆側のオイルシールも交換しようという目論み。
 5ばんさん宅でエンジン割り大会に参加。(5ばんさん、ロコスタさん、私)
 いざ割って見ると。。。。(4/25)
 ↓
⑩エンジン内がドロ、どろ、泥 状態。おまけにドライブシャフトを回すとゴロゴロゴロ。。。
 ドロはクラッチ板の粉?ゴロゴロはベアリングがダメ。クリスマスツリーのスピルもダメ。
 ダメなところが多すぎるため、5ばんさんの手持ちのエンジンを丸ごと頂き、
 5ばんさん宅でエンジン組大会を開催して頂きました。(5/10)
 ↓
⑪そしてついにエンジン載せ。
 やっぱり予想どうりすんなりとは行かず。
 ワイヤー通しに一日費やし、(チェンジワイヤーの押し引きを逆にしてました。)(5/15)
 バックプレートを組み込んだ際にコイルがフライホイールに干渉し、噛み込んで
 フライが回らず。バックプレートをずらして回避。
 ↓
 次につづく。 
写真上はバラシしたエンジン
写真下はエンジン割り大会会場へ。
a0141815_22484880.jpg
[PR]

by london-show | 2010-05-20 22:59 | Vespa 50s