vespaについて

londonshow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 10日

vespa 50sの続きのつづき。

前回からの続き。
⑭(1)~(3)の問題を確認すべく、何回か試走を繰り返すとシフトチェンジすると
1速から4速が逆に入っている事が発覚!いままで”N”としていた所が3速と4速の
間になっている!ということで問題点(2)は4速発進していたのでパワーが無いと
なりました。
クラッチが滑っているのではと、思い切って交換することに。
エンジンを組んだ時、クラッチは見た目問題が無さそうだったのでそのまま使用
した為、実は劣化している可能性が有り。問題(3)の元になっていると思われる
第一次減速のギアの状態も確認できるので早速パーツを発注。(5/28)

⑮クラッチ板など注文していたパーツが届き交換。それでも症状は変わらず。(6/5)

⑯腰上をもう一度交換。それでも症状は変わらず。(6/12)

⑰キャブも交換したが、変わらない為、元にもどす。(6/13)

⑱いままで気になっていたのですがなかなか交換出来なかった点火プラグを交換。
 足車のチャオが調子良い為、それを使っていたのですが、やはり
 新品にすると効果がでました!問題(1)の少し走ればエンジンストップは解消された気がします。

⑲エンジンストップは解消したので、近場でテスト走行。会社が終わってから、近くの公園や、
 スーパーに買い物。エンジンはキック2~3でかかり始動性は○。アイドリングは高めにしておいて
 無理矢理続く感じで△。走りは出出しとシフトチェンジ後もたつき、最高速度50キロ手で△。
(7月初旬~下旬)

⑳そこそこ走れる事が分かったので通勤につかってみることに。
 みごと撃沈。自宅から少し走ったところでエンジンストップ。
 チャオに乗り換え出勤しました。ギリギリ遅刻は免れました。
 会社から返って、エンジンをかけると不思議にかかります。それからいろいろと調べていくと
 HTコイルのプラグコードの根元付近でパチパチと光っています。そこに電気が漏れていたよう
 なので、5ばんさんからお借りしたHTコイルを交換して復活です。
 
もう少し続きそうです。

↓50sばっかりさわっていたので、チャオがゴネました。(パンクしたので、タイヤチューブ交換)

a0141815_032048.jpg
[PR]

# by london-show | 2010-08-10 00:05 | Vespa 50s
2010年 07月 19日

べスパ50sの続き

⑬エンジンはかかったので、ひとまず乗れる様にとシフトワイヤーの調整をと
アジャスターを回しているとドンドン回って行きます。これはおかしい!
そうです。アジャスターが折れています!!
慌ててワイヤーを外してみると、アジャスターのネジの部分だけがボディ側に
残っています。残った残骸を無理矢理外そうとして失敗。潰れたネジが噛み込み、
動かない、外せない。又エンジンを下ろさないと・・・青くなりました。
そこで、また5ばんさんにヘルプ。
折れたネジを外す工具が有るとの事。早速、アストロさんにて購入。それは先端が
逆ネジのドリルの様になっていて折れたボルトに喰い込ませながら、ボルトを
緩められる工具でした。(名前は忘れてしまいました。)
その工具を使うにあたり、折れている所が狭い所でしたがなんとかかわして
工具を折れたアジャスタに挿入。やっと無事とれました!!!

それから新しいアジャスタ(5ばんさんから頂きました)を装着しワイヤーを
再度調整して(Nの位置がずれている)何とか乗れる状態までにした所で試走。
で問題点。
(1)少し走ると止まる。またキックがスカスカ。
(2)パワーが無い。走り出すとエンジンが止まる様になる。
(3)走り出すヒュ~ン音が大きい。気がする。

なんでだ~~~ エンジンも丸ごと交換したのに~~(5/23)
まだまだつづきます。

良い写真がないので↓
オースチンミニとモーリスミニです。ラリーで活躍したイメージがありますが、
ツーリングカーレースでも大活躍でしたそうです。
クーパーは憧れです。


a0141815_8264210.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                       
[PR]

# by london-show | 2010-07-19 08:33 | Vespa 50s
2010年 05月 20日

続、やっぱりダメ。~~現在。

つづきです。
エンジンはすんなりとフレームに収まりましたが、ここからが山でした。⑪参照
⑫エンジンは掛からず。
 コイル干渉していた為、火花を確認したけど問題なし。
 圧縮はと確認、圧縮計で7.5キロ。
まだどこか悪いのかと頭を過ぎります。
キックを何回か。チョークを引いたり、引かなかったり。
カブります。
そこでチャオのプラグと交換。B7ES。
で、やっとかかりました。
あ~ひと安心といきたいところですが、アイドリングが安定していない為、
まだなんとも言えない状態です。
ここで辺りが暗くなったのでタイムアップ。
次回は乗れるまで調整したいです。

文中に多々登場していただいている5ばんさん、ためになるアドバイスやいろいろな道具をお借りしたり
エンジンをバラせる機会を頂いたり、本当に本当にありがとうございました。
感謝、感謝です。この場をおかりしてお礼申し上げます。

復活を目指して。
では、では次回で。

写真は気分をかえて60’フォーミュラ。


a0141815_23314111.jpg
[PR]

# by london-show | 2010-05-20 23:41 | Vespa 50s
2010年 05月 20日

やっぱりダメ。~~現在。

a0141815_22483733.jpg



















復活といきたかったのですが、やっぱりダメ。
で、ショックでブログを放置状態。(実際は、なまけていただけ。すみません。)
だいぶ長いことほっていたので、自分でも訳が分からなくなっているので
ここで整理します。

①乗り出すと少ししてからストール。数回キックするとキックがスカスカ現象。
 ↓
②ピストン、シリンダーヘッドにキズがあったので
 ピストンリング(新品)・シリンダーヘッド(中古)に交換。
 ↓
③復活かに見えたがやっぱり症状は治らず。(前回ブログはここまで。)(3/21)
 ↓
④スティール・スクーター・ランの5ばんさんに相談しました。
 ↓
⑤一度、圧縮力を測ることに。圧力計をお借りしました。(4/3)
測定結果
 エンジン始動前 7.5キロ
 エンジン暖状態 6.5キロ
    ↓
 オイル注入 一回目 7.5キロ
    ↓
 暫く乗ったり、アイドリングをさせてみたりした
    ↓
 オイル注入 二回目 9.0キロ

 キックを続けると圧力は下がってきます。
 ストール → 暫くエンジンかからない。
 オイル注入後は、ストール → エンジンすぐかかる。
※オイル注入後、圧力が戻るとなると腰上が怪しい!
⑥⑤の結果となったので5ばんさんに腰上一式をお借りし交換。(4/10)
 ↓
⑦でもやっぱりダメダメ。アイドリングも安定しないので、フライ側のオイルシールを
 交換。オイルシールから油漏れが確認できました。(オイルシールと交換道具をお借りしました。)
 ↓
⑧それでもやっぱりダメダメダメ。どーしよう。
 ↓
⑨5ばんさん手持ちのエンジンを割られるとの事なので、便乗させてもらい
 うちのべスパのエンジンも割り、逆側のオイルシールも交換しようという目論み。
 5ばんさん宅でエンジン割り大会に参加。(5ばんさん、ロコスタさん、私)
 いざ割って見ると。。。。(4/25)
 ↓
⑩エンジン内がドロ、どろ、泥 状態。おまけにドライブシャフトを回すとゴロゴロゴロ。。。
 ドロはクラッチ板の粉?ゴロゴロはベアリングがダメ。クリスマスツリーのスピルもダメ。
 ダメなところが多すぎるため、5ばんさんの手持ちのエンジンを丸ごと頂き、
 5ばんさん宅でエンジン組大会を開催して頂きました。(5/10)
 ↓
⑪そしてついにエンジン載せ。
 やっぱり予想どうりすんなりとは行かず。
 ワイヤー通しに一日費やし、(チェンジワイヤーの押し引きを逆にしてました。)(5/15)
 バックプレートを組み込んだ際にコイルがフライホイールに干渉し、噛み込んで
 フライが回らず。バックプレートをずらして回避。
 ↓
 次につづく。 
写真上はバラシしたエンジン
写真下はエンジン割り大会会場へ。
a0141815_22484880.jpg
[PR]

# by london-show | 2010-05-20 22:59 | Vespa 50s
2010年 03月 21日

復活!?

a0141815_16112879.jpg























突然ですが、おかげさまで50s動くようになりました。
昨日、注文していたパーツが届いたので早朝から修理。結局、夕方になってしまいた。
途中、ルーテシアのオイル交換も行ったのですけどね。

修理内容は主にキズが付いていた、シリンダーとピストンリングの交換で、
エンジン暖まる→ストール→キックスカスカ の症状は治まりました。
この件でいろいろと質問し、ご迷惑をお掛けしました。でもこの機会を通じて
ベスパ乗りの方と知り合う事が来てとてもよかったなぁと思いました。
しかもRUNまで誘って頂いたりして本当によかったです。
ありがとうございました。

そういうところでもベスパってとても深いと感じました。

動くようになりましたがまだ、アイドリングが落ち着かない感じなので調整が必要です。
(前にいろいろ触ったのでネジの回し具合が無茶苦茶なだけかも)


※写真は自宅からすぐ近くの橋。
[PR]

# by london-show | 2010-03-21 16:11 | Vespa 50s
2010年 03月 21日

お土産

a0141815_20142238.jpg




















先日、実家に帰りました。実家の納屋で以前ベスパに乗っていた時にあまったパーツが少しあったはず、と
探していました。あったものはウインカーレンズ。それから思い掛けないものが。。。それは写真のオイルです。ただの2スト用のバルボリンです。でもこれには思い出がありました。

これはベスパを知ったきっかけ、泥沼にはまった(笑い)きっかけをくれた友人からベスパと共に受け継いだものです。
てっきり全部使い切ったと思ったのに。
もうその友人はいません。もう会えません。このオイルを見つけたとき、なんだか「50sに使えよ。」って声が聞こえた気がしました。
思い出というのは、初めて運転したのが彼のベスパで、高校生だった頃よく学校の帰りに家に寄って近くのガレージで乗り回していました。それから自分のベスパを購入したのは大学生になってからの事でした。50sを乗っていたのですが、やはり彼も私もラージボディのベスパが気になり、働きだしてから乗り換えました。私は150GL、彼は160GS。その時、同時に彼が買ったオイルが写真のオイルです。なんと1ケースごと。しかも自賠責保険も5年か7年くらいは入ってたと思います。

彼の買いっぷりにはびっくりで大爆笑。たぶん、ずっと乗り続けるつもりだったのでしょう。しかし、彼はその数ヵ月後に病気で倒れてしまいました。結局、2台で一緒に走ったのは1度か2度でした。

オイルのお土産を実家から持ち帰りました。
しんみりとなりましたが、50sがうまくいけば次はGSを治しましょうか。ぼちぼち。
[PR]

# by london-show | 2010-03-21 00:33 | Vespa 50s
2010年 03月 17日

小康状態

a0141815_23214441.jpg



















小康状態です。
ルーテシアの警告灯はあれから治まっておりなんとか大丈夫。58000km弱。
このまま調子良く行ってくれればなぁ。

ベスパ50sは修理に必要なパーツを調達。
ベローゴム    800円
ガスケットセット 600円
ピストンリング 1000円
シリンダーヘッドのボルトM7X30 500円
ワッシャM7    200円
リアサス取付ボルトM9 400円

合計 3500円 (送料は別)
といったところです。

早く良くなって欲しいです。

シリンダーヘッドをあけてピストンの状態↓↓↓。a0141815_2336063.jpg
[PR]

# by london-show | 2010-03-17 23:38 | Vespa 50s
2010年 02月 28日

故障は続く2

a0141815_223344.jpg




















ベスパに続いてルーテシア。
ちょっと近所までとドライブ。軽快に走って交差点を右折。ATがシフトダウンした途端ガクッ AT警告等が点灯し、Dランプ点滅。
これがかの有名な”3速固定現象!?” そんなことを言っている場合じゃない!
ひとまず路肩に寄せてキーオフ。 再発進は問題なく出来たのでとりあえずは良かった。
ディーラーはATのショックはいつもと変わらずなのでセンサー不良との事。
いろいろとガタが出てきてます。10年落ちで走行約57000キロ。疲れてるのでしょうか?
タイミングベルトもそろそろヤバイな。

新型のルノー車でも故障するのかな。

写真は近頃見ない車。めずらしいなぁ
[PR]

# by london-show | 2010-02-28 22:19 | ルーテシアについて
2010年 02月 28日

故障はつづく

a0141815_2136011.jpg    



























                                                                                                                                                                                                                                                                                             先日、タイヤを新調して調子良く乗り出したと思ったのですが、すぐに故障です。ベスパもルーテシアも。
ベスパはアイドリングが落ち着かない、←これは以前からぼちぼち悪かった。乗り出すと少ししてからストール。いつもであれば、ストールしてからキック数回で復活するのですが、今回はそうはいかず。

数回キックするとキックがスカスカフライホイールが回転していない感じ。
なんかやな予感。押して家に帰ってキックするとまたエンジンは元どうりに。しかし、暫くすると。。。ストール。
インターネットで検索し気になって某掲示板に質問してみた。
エンジンが温まるとケース?が膨張し圧縮もれピストンリングが弱っているかも という事でした。

ひとまずエンジンを降ろす事に。全てを外すと大変なので、キャブを外して、マフラーを外して、エンジンマウントのボルトを緩めて最後にリアサスのボルトを外すと写真の様な感じに。この方法もネットで検索。諸先輩がたありがとうございました。

色々と眺めていると、HTコイルに繋がっている配線とキャブのベローゴムが・・・切れています。
不調はこの辺にも原因があるのでは。
ひとまず損傷しているパーツを直してみましょうか。


a0141815_21553616.jpg

     
[PR]

# by london-show | 2010-02-28 21:59 | Vespa 50s
2010年 02月 07日

タイヤ交換(初ミシュラン)




a0141815_22411614.jpg


















 
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
ひさしぶりの更新で少しさぼり気味でした。
新年で気持ち良くタイヤ交換とはいかずルーテシアは右後輪がパンクしてしまいました。
全輪かなり減っていたのでそろそろやばいなぁ~と思っていた矢先でした。
で、新しいタイヤに交換しました。費用は全てふくめて43000円。タイヤは並といった所ですが
やはり新しいタイヤは気持ちがいいですね すいすいと、ロードノイズも気持ち少し良くなったようです。

ベスパの方もタイヤのヒビが凄かったので交換。交換作業の写真は無しですがホイールを開けてびっくり
腐ってました半分ほど。ワイヤーブラシ&ヤスリで擦り落としましたが全然綺麗にならず
諦めて組み立てたのが心配です。
今度はグラインダーや下地塗料そしてチューブも揃えて徹底に綺麗にしたいなぁ
[PR]

# by london-show | 2010-02-07 23:02 | Vespa その他